トップ研究者を探す統合的ストレス応答を標的としたサルコペニア治療薬の探索

統合的ストレス応答を標的としたサルコペニア治療薬の探索

KAKEN 科学研究費助成事業データベース で見る
研究課題番号 KAKENHI-PROJECT-16H05222
研究種目 基盤研究(B)
研究分野 生物系
医歯薬学
境界医学
応用薬理学
研究機関 徳島大学
代表研究者 親泊 政一
研究分担者 親泊 美帆
研究分担者 三宅 雅人
研究期間 開始年月日 2016/4/1
研究期間 終了年度 2018
研究ステータス 完了 (2018/4/1)
配分額(合計) 17,810,000 (直接経費 :13,700,000、間接経費 :4,110,000)
配分額(履歴) 2018年度:5,460,000 (直接経費 :4,200,000、間接経費 :1,260,000)
2017年度:7,540,000 (直接経費 :5,800,000、間接経費 :1,740,000)
2016年度:4,810,000 (直接経費 :3,700,000、間接経費 :1,110,000)
キーワード 統合ストレス応答
サルコペニア
医薬品副作用
薬物相互作用
サルコペニア治療薬
小胞体ストレス
ATF4
化合物スクリーニング

研究成果

[雑誌論文] PERK-mediated translational control is required for collagen secretion in chondrocytes

Hisanaga Satoshi、Miyake Masato、Taniuchi Shusuke、Oyadomari Miho、Morimoto Masatoshi、Sato Ryosuke、Hirose Jun、Mizuta Hiroshi、Oyadomari Seiichi 2018

[学会発表] Targeted Deletion of ATF4 in β-cells Leads to the Vulnerability and Dedifferentiation During ER Stress

KEISUKE KITAKAZE, KIYOE KURAHASHI, MASATO MIYAKE, YOSHIMASA HAMADA, MIHO OYADOMARI, SEIICHI OYADOMARI 2018

[学会発表] 脂肪細胞における統合的ストレス応答はGDF15を介した摂食抑制により食事性肥満を改善する

三宅 雅人, 張 君, 久永 哲, 親泊 美帆, 親泊 政一 2018

[学会発表] 小胞体ストレス応答による代謝調節機構

親泊 政一 2018

[学会発表] セリン710残基によるIRE1α RNase活性の制御

張 君, 三宅 雅人, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 2018

[雑誌論文] Activin E Controls Energy Homeostasis in Both Brown and White Adipose Tissues as a Hepatokine

Hashimoto Osamu、Funaba Masayuki、Sekiyama Kazunari、Doi Satoru、Shindo Daichi、Satoh Ryo、Itoi Hiroshi、Oiwa Hiroaki、Morita Masahiro、Suzuki Chisato、Sugiyama Makoto、Yamakawa Norio、Takada Hitomi、Matsumura Shigenobu、Inoue Kazuo、Oyadomari Seiichi、Sugino Hiromu、Kurisaki Akira 2018

[学会発表] CRISPRスクリーンで同定した新規PERK経路制御因子の機能解明

三宅雅人, 谷内秀輔, 親泊政一 2018

[学会発表] PERK経路下流因子ncRNAによる癌増殖機構の解析

山川 哲生, 森本 雅俊, 久永 哲, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 宮本 千伸, 津川 和江, 親泊 美帆, 親泊 政一 2018

[学会発表] 細胞ベースのハイスループットスクリーニングによる新規化学シャペロンの同定

北風 圭介, 谷内 秀輔, 河野 恵理, 濱田 良真, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 小島 宏達, 小迫 英尊, 栗原 ともこ, 吉田 優, 細谷 孝充, 親泊 政一 2018

[学会発表] HMGB1とHMGB2はPERKの新規リン酸化基質である

谷内 秀輔,小迫 英尊,三宅 雅人,親泊 美帆, 親泊 政一 2018

[学会発表] 脂肪細胞におけるストレス応答性転写因子ATF4の機能解明

三宅 雅人, 親泊 政一 2018

[学会発表] 薬理・物理的なeIF2αのリン酸化誘導とキナーゼの同定

濱田 良真,古元 雄二,泉谷 亮,北風 圭介,谷内 秀輔,三宅 雅人,親泊 美帆,寺西 研二,下村 直行,親泊 政一 2018

[学会発表] Stress and pancreatic β-cell dedifferentiation

親泊 政一 2018

[学会発表] 高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる

張 君、三宅雅人、倉橋 清衛、津川和江、宮本千伸、親泊政一 2017

[学会発表] 黄色靭帯肥厚における小胞体ストレスの役割

森本雅俊、三宅雅人、久永哲、谷内秀輔、張君、西良浩一、親泊政一 2017

[学会発表] PERK経路の活性化が軟骨細胞のECM分泌に与える影響

久永 哲、三宅雅人、谷内秀輔、森本雅俊、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] CRISPRライブラリーを用いた新規小胞体ストレス応答制御因子の同定

三宅雅人、谷内秀輔、久永哲、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] 統合的ストレス応答経路による癌微小環境への適応機構

親泊政一 2017

[学会発表] 膵β細胞特異的Atf4ノックアウトマウスは小胞体ストレスを介した糖尿病が重症化する

北風圭介、三宅雅人、宮本千伸、津川和江、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] 小胞体ストレス応答因子PERKによる代謝調節機構

三宅雅人、親泊政一 2017

[学会発表] 新規PERK経路下流因子Snhg12ホモ欠損マウス解析

山川哲生、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] Atf4ノックアウトマウスの膵β細胞は小胞体ストレスに脆弱で脱分化をきたす

北風圭介、三宅雅人、森本雅俊、宮本千伸、津川和江、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] 高血糖に伴うIRE1のO-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる

張 君、三宅雅人、倉橋清衛、宮本千伸、津川和江、尾野雅哉、親泊美帆、親泊政一 2017

[学会発表] eIF2αのリン酸化はミトコンドリアの代謝機能に関与する

谷内秀輔、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊美帆、親泊政一 2017

[雑誌論文] A miR-327–FGF10–FGFR2-mediated autocrine signaling mechanism controls white fat browning

Fischer C, Seki T, Lim S, Nakamura M, Andersson P, Yang Y, Honek J, Wang Y, Gao Y, Chen F, Samani NJ, Zhang J, Miyake M, Oyadomari S, Yasue A, Li X, Zhang Y, Liu Y, Cao Y. 2017

[学会発表] 高血糖に伴うIRE1の0-GlcNAc修飾は小胞体ストレス応答を減弱させる

張 君、三宅雅人、倉橋 清衛、宮本千伸、津川和江、尾野雅哉、親泊美帆、親泊政一 2016

[学会発表] 脂肪組織での小胞体ストレスなどで活性化されるeIF2αリン酸シグナルによる肥満抑制作用

三宅雅人、張 君、倉橋 清衛、宮本千伸、津川和江、親泊美帆、親泊政一 2016

[雑誌論文] Correction: Long-Term Low Carbohydrate Diet Leads to Deleterious Metabolic Manifestations in Diabetic Mice.

Handa K, Inukai K, Onuma H, Kudo A, Nakagawa F, Tsugawa K, Kitahara A, Moriya R, Takahashi K, Sumitani Y, Hosaka T, Kawakami H, Oyadomari S, Ishida H. 2016

[学会発表] 哺乳類ミトコンドリア UPR は統合的ストレス応答を介さずに誘導される

谷内秀輔、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊美帆、親泊政一 2016

[学会発表] UPR欠損マウス胎児線維芽細胞は小胞体からのCa2+放出を介してアポトーシスを誘導する

張 君、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊政一 2016

[学会発表] 脂肪細胞におけるPERK経路を起点とした細胞間相互作用による細胞死の誘導

三宅雅人、親泊政一 2016

[学会発表] ATF6βの肥満・糖尿病における役割の解明

三宅雅人、髙原一菜、張君、倉橋清衛、宮本千伸、津川和江、親泊美帆、親泊政一 2016

[雑誌論文] Integrated stress response of vertebrates is regulated by four eIF2α kinases.

Taniuchi S, Miyake M, Tsugawa K, Oyadomari M, Oyadomari S. 2016

[学会発表] 小胞体シグナルを介した母体栄養に起因する胎仔肝のエピゲノム修飾の解明

張 君、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊政一 2016

[学会発表] 腎癌の予後に関係する新規 PERK 経路下流因子(ncRNA)について

山川哲生、三宅雅人、津川和江、宮本千伸、親泊美帆、親泊政一 2016

[雑誌論文] Novel human mutation and crispr/cas genome-edited mice reveal the importance of c-terminal domain of msx1 in tooth and palate development.

Mitsui S, Yasue A, Masuda K, Naruto T, Minegishi Y, Oyadomari S, Noji S, Imoto I*, Tanaka E. 2016