トップ注目研究地震、津波による構造物の応答シュミレーションおよび評価
カテゴリー 工学、建設
キーワード 地震工学、構造解析、防災
代表研究者 中田 成智
関連する研究者
内容

地震、津波などの自然災害による社会基盤インフラ、建築物、住居と行った構造物の被害軽減を目的とした研究に、技術開発という観点から取り組んでいる。
また、地震動観測ネットワーク、広域地震応答シミュレーションを融合し、地震直後に建物損傷度を推定するシステムの構築に取り組んでいる。

現在進行系のプロジェクトには以下のようなものがある。

  • ・地図情報から構造モデルを構築し、広域地震応答シミュレーションを可能にする技術開発
  • ・3次元詳細構造応答シミュレーションから損傷箇所、度合い、残存耐力を推定、可視化し、情報発信する技術開発
  • ・簡易地震計を用いた地震動観測ネットワークの構築
  • ・数値解析と構造実験を取り入れたハイブリッドシミュレーション手法の開発
  • ・緊急地震速報と地震動波形予測を用いた構造振動制御

 

▼徳島大学理工学部 研究者紹介
http://www2.st.tokushima-u.ac.jp/News/st_Innovators-Tomorrow/Introd_J/CI/dataJ/nakatan_j.pdf

(社会基盤デザイン系)
http://www2.st.tokushima-u.ac.jp/News/st_Innovators-Tomorrow/Introd_J/CI/1CI_index.html

分野 土木工学、建築学
専門 構造工学、地震工学
E-mail nnakata@tokushima-u.ac.jp
電話 088-656-7343
FAX 088-656-7602
ホームページ

カテゴリー